米Amazon、偽物対策専門ユニットを設立

2020年6月27日 20:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米Amazonは24日、偽物対策を専門に行う「Counterfeit Crimes Unit」の新設を発表した(プレスリリースGeekWireの記事)。

Amazonで販売される偽物長年の問題となっており、中にはAmazonから商品を引き上げブランドもある。Amazonはブランドが偽物を容易に排除可能にするサービス「Project Zero」を2019年に開始するなど対策を行っているが、今年4月には米通商代表部(USTR)がAmazonの米国外ドメインを知的財産侵害市場のリストに追加している。

それでもAmazonによれば同社の偽物対策プログラムは効果を上げているのだという。2019年には偽物と疑われる60億点以上の商品や250万件以上の疑わしいアカウントをブロックし、Amazonで販売される商品の99.9%は偽物に関する有効な苦情を受けていないとのこと。

Counterfeit Crimes Unitは元連邦検事やデータアナリストなど国際的な複数の分野にわたる専門家チームで構成され、Amazon内外で収集した情報を用いて偽物販売業者同士の関係を洗い出すなどAmazonで販売される偽物をゼロにするため活動していく。これによりAmazonは偽物販売業者に対する民事訴訟提起のほか、独自調査およびブランドと協力した調査や、世界各地の捜査機関と協力した犯罪対策などが効率的に行えるようになるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | 犯罪 | YRO | 海賊行為

 関連ストーリー:
米通商代表部、Amazonの米国外ドメインを知的財産侵害市場のリストに追加 2020年05月02日
Nike、Amazon.comへの供給を打ち切りへ。模造品対策不十分が理由との観測も 2019年11月15日
Amazonマーケットプレイスでは多数の「問題のある製品」が販売されている 2019年08月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカAmazon

関連記事

広告

財経アクセスランキング