パワーソリューションズは下値切り上げ

2020年6月18日 08:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 パワーソリューションズ<4450>(東マ)は金融機関向けSIを主力として、RPA関連サービスも展開している。20年12月期増収増益予想である。新型コロナウイルスによる直接的な影響は限定的だろう。第1四半期の進捗率は低水準だったが、通期ベースで収益拡大を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。

■金融機関向けSIが主力

 19年10月東証マザーズに新規上場した。金融機関向けSI(業務コンサルティング、システム受託開発、運用・保守サービス、業務アウトソーシング受託)を主力として、法人向けRPA関連サービス(ライセンス販売、導入サポート)も展開している。

■20年12月期増収増益予想

 20年12月期業績(非連結)予想は、売上高が19年12月期比13.6%増の32億62百万円、営業利益が2.5%増の3億56百万円、経常利益が8.9%増の3億58百万円、純利益が8.4%増の2億42百万円としている。

 新型コロナウイルスによる直接的な影響は限定的だろう。第1四半期の進捗率は低水準だったが、通期ベースで収益拡大を期待したい。

■株価は下値切り上げ

 株価は反発力の鈍い展開だが徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。6月17日の終値は2346円、時価総額は約32億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告