ドスパラ、HDD/SSD破壊サービスの郵送受付開始 破壊工程は動画で閲覧可能

2020年6月5日 20:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ドスパラが「HDD/SSD破壊サービス」の郵送受付に対応した(AKIBA PC Hotline!)。料金は梱包材込みで2,000円(税別)。発送には「ゆうパケット」が使用される。

 受け付けられたHDD/SSDはデータが読み出せないよう物理的に破壊される。破壊作業の様子は封筒の「封印シール」を剥がすところから動画撮影され、申込者はその様子をネット経由で閲覧できるという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ストレージ

 関連ストーリー:
東芝、取り外すとデータが読み出せなくなる HDD を開発 2010年08月12日
神奈川県庁のサーバーで使われていたHDD、廃棄業者社員が適切に処理せずに転売し情報流出 2019年12月06日
スピーカから音を流すだけでHDDを破壊する音響攻撃「ブルーノート」 2018年06月01日
米MIL規格準拠HDDは、どれくらいの衝撃で壊れるか? 2012年08月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドスパラ

広告

財経アクセスランキング