NY金:伸び悩みで1750.30ドル、安全逃避的な買いはやや縮小

2020年6月2日 07:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:31JST NY金:伸び悩みで1750.30ドル、安全逃避的な買いはやや縮小
NY金先物8月限は伸び悩み(COMEX金8月限終値:1750.30 ↓1.40)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、前営業日比-1.40ドルの1オンス=1750.30ドルで取引を終了した。取引レンジは1737.60ドル−1761.00ドル。1日のアジア市場で1761.00ドルまで買われたが、ニューヨーク市場では売買が交錯し、伸び悩んだ。利益確定を狙った売りが観測された。米中対立は続いているものの、二国間の貿易協定は存続していることから、安全逃避的な金買いはやや縮小。《CS》

広告

財経アクセスランキング