店舗などで使用の 「飛まつ防止シート」 、消防が火災の注意喚起

2020年6月1日 18:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルスの感染防止のため、店員と客を隔てる樹脂シートや樹脂板を設置する店舗は少なくないが、こういったシートが原因となる火災が発生しているとして、消防が注意を呼びかけているNHK読売新聞)。

 大阪のショッピングセンターで、客が購入しようとしたライターを試しに点火したところ、レジカウンターに設置された透明シートに引火する事故が発生したという。この事故ではシートが燃えただけで済んだようだが、消防が実験を行なったところ、2種類のシートで簡単に引火することが確認されたという。

 店舗や大型の建物内では、カーテンについては燃えにくい材質のものを使用するよう消防法で規定されているが、こういった飛沫防止用シートの材質については規制などはない。また、設置方法によっては出火時に火災報知器が煙を検知できなかったり、スプリンクラーからの散水が遮られる可能性もあるとのことで、材質や設置方法については注意が必要だという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ニュース

 関連ストーリー:
ライター用オイル缶の新幹線持込発覚で約6万円の増運賃が請求される事件 2020年01月15日
ポーランドのリアル脱出ゲーム施設で火災、閉じ込められた5人が死亡 2019年01月08日
クリアファイルなどを使ったフェイスシールドの作り方 2020年04月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース