4K8K放送対応の視聴機器、累計出荷台数が400万台超える

2020年6月1日 18:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2018年12月より開始された4K/8K衛星放送に対応する機器の累計出荷台数が、今年4月末時点で415.5万台となったという(AV Watch)。

 内訳はチューナー内蔵テレビが264.4万台、外付けチューナーが24.5万台、チューナー内蔵録画機が43.3万台、チューナー内蔵のセットトップボックス(STB)が83.3万台。なお、昨年10月末時点での視聴可能台数は200万台ほどだった(PHILE WEB)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テレビ | ハードウェア

 関連ストーリー:
ドン・キホーテ、4万9,800円の4Kテレビを発表 2020年05月18日
4K/8K放送対応のためテレビ受信の同軸ケーブルに関するJIS規格が更新される 2020年02月25日
多くの新聞のテレビ欄は4K8K放送への対応がまだまだ不十分 2019年02月05日
4K/8K放送に関するアンケート調査、4K放送をぜひ視聴したいとの回答は12% 2018年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4K8K

広告