蘭アバンティウム、1年で分解される植物製ボトルを製造へ

2020年5月27日 08:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 オランダの生化学企業アバンティウムが、植物由来の素材を使ったボトル製造への大型投資を2020年内に開始する予定だと発表した。すでにコカコーラやカールスバーグ、ダノンといった大手企業がこの新たなボトルへのサポートを表明しているという。

 アバンティウムらが作るボトルは植物の糖由来のポリエチレンフラノエート(PEF)というプラスチックが使われている。コンポスター(生ごみ処理機)では1年、屋外に置いたままの状態だと数年で自然分解されるにが特徴。ビールやコーラのような炭酸飲料も入れられ、2023年までには店頭に並ぶ予定だとしている(The GuardianHUFFPOSTSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
スターバックス、北米と英国の一部店舗で持続可能性のより高いホットドリンク用ペーパーカップのテストを開始 2020年03月14日
パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ 2019年07月11日
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
100%植物由来エチレンで製造したPETボトルキャップ 2019年03月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニックオランダスターバックス

広告