マスク転売で摘発、為替レート変動で損失のため起訴できない事例も

2020年5月25日 21:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年3月、国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令が施行され、これによって衛生マスクの転売が規制されるようになっているが、5月22日、ネットショッピングサイトで購入したマスクを購入価格の2倍近い価格で店頭販売していたとして三重県の衣料品販売店やその経営者が摘発された(読売新聞NHK)。

 この経営者の男性は、1枚約80円で1000枚のマスクを購入。その後5枚770円で転売したという。

 一方で、5月20日にも大阪府でネットショッピングサイトで購入したマスクを転売していた夫婦が摘発されたが、こちらは海外のネットショッピングサイトでマスクを購入していたために注文時と決済時で為替レートが変動し、その結果購入価格より安い価格で販売する状況になっていたことから、起訴ができない状況になっているという(Yahoo!ニュースABCニュース共同通信)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 犯罪 | お金

 関連ストーリー:
新型コロナに関するデマで店頭から一時的にトイレットペーパーが消える 2020年03月04日
チケット転売の仲介サイト「viagogo」に関する注意喚起 2019年09月18日
中国で電子商取引に対する規制が強化、これによって中国向けの転売行為が下火に? 2019年03月02日
チケット販売サイト「e+」、ボット対策の導入によりチケット自動購入ボットをほぼ殲滅 2018年12月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。