NY金:反発、休日前でポジション調整的な売買が主体に

2020年5月23日 07:13

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:13JST NY金:反発、休日前でポジション調整的な売買が主体に
COMEX金6月限終値:1735.50 ↑13.60

22日のNY金先物6月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前営業日比+13.60ドルの1オンス=1735.50ドルで取引を終了した。取引レンジは1722.50ドル−1742.00ドル。22日のアジア市場で1722.50ドルまで下落したが、アジア市場の終盤にかけて1742.00ドルまで戻した。その後は1730ドル台での取引が主体となり、もみ合いが続いた。5月25日のニューヨーク市場は休場となるため、この日はポジション調整的な売買が多かったようだ。《MK》

関連記事