ルネサスエレクトロニクス、光半導体から撤退

2020年5月21日 20:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 半導体メーカーのルネサスが、光半導体製品を製造する滋賀工場を閉鎖し、光半導体分野から撤退する方針を決めた(ルネサスの発表NHK日刊工業新聞)。

 技術・価格競争の激化に伴う既存製品のシェア低下、次世代通信に向けた新商品開発の遅延などが理由。 閉鎖される滋賀工場の従業員については他の工場などに配置転換するとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
日本の半導体設計人材の70%がソニーの仕事をしている 2020年01月21日
ルネサスエレクトロニクス、従業員5%削減へ 2019年02月06日
ソニー、ルネサス工場を買収して画像センサー生産に使用する方針へ 2014年01月31日
ルネサスエレクトロニクス鶴岡工場閉鎖影響が任天堂に与える影響 2013年08月20日
ルネサス、産業革新機構などから最大で2千億円の出資受け入れを発表 2012年12月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードルネサスエレクトロニクス半導体

広告