北村紙店が破産、コミケ中止が決定打の1つに

2020年5月20日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 和洋紙卸の北村紙店が5月14日、東京地裁に自己破産を申請した(Yahoo!ニュース)。

 紙需要の減少によって売上が下がっていたなか、新型コロナウイルスの感染拡大によって教材用紙の受注が減少したうえ、5月に開催予定だったコミックマーケット(コミケ)で見込んでいた売上がコミケ中止によって無くなったことから破産を決めたようだ。

 なお、帝国データバンクによると、新型コロナウイルス関連倒産は5月18日16時現在で全国で156件発生しており(帝国データバンクの発表)、特にホテル・旅館業での倒産や飲食業、小売業での倒産が多い傾向にある。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | アニメ・マンガ | お金

 関連ストーリー:
全員を在宅勤務へと切り替えたIT企業、不要になったオフィスを解約 2020年04月13日
2017年の太陽光関連事業者倒産数、過去最多 2018年01月16日
2017年度上半期の企業倒産数、9年ぶりに増加。販売不振や人手不足が影響 2017年10月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード倒産コミックマーケット

関連記事

広告

財経アクセスランキング