技術評論社、技術ライトノベル「転生したらSpreadsheetだった件」を刊行へ

2020年5月20日 07:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taka2曰く、

 小説投稿サイト「カクヨム」に投稿されていた「転生したらSpreadsheetだった件」が、技術評論社から技術ライトノベルとして出版されるそうな。制作秘話がtweetされてる

 ちょっとさわりだけ読んだんですが、「GoogleSpreadsheetsは燃え尽きたExcel職人の魂で動いているんだ」「あっちで言い合いをしてるやつらな。ありゃあVLOOKUPかINDEXとMATCHの組み合わせのどっちがいいかの議論だな。まあ神学論争ってやつだ」とか、なかなかキてる。

 1958円って価格は、ラノベとしては高くて買う気にならないんだけど、技術書としては、こんなもんかとホイっと買ってしまいそう。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 書籍 | ソフトウェア | 変なモノ | IT

 関連ストーリー:
日本のライトノベル、中国では時代遅れ扱い? 2020年01月06日
ラノベのタイトルの文字数を年別分布にした図表 2019年03月19日
KADOKAWA刊のライトノベル、表紙画像から「成人向けの性的な商品」だとして広告を拒否される 2018年02月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

広告