スズキ・スイフトシリーズが安全装備強化 新グレード体制への移行も

2020年5月18日 14:58

小

中

大

印刷

一部改良予定のスズキ・スイフト(画像: スズキ発表資料より)

一部改良予定のスズキ・スイフト(画像: スズキ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 スズキは、同社のフラッグシップモデルである「スイフト」「スイフトスポーツ」のマイナーチェンジを発表した。安全装備の強化などの仕様変更を加えた上で、5月25日に発売する予定だ。

【こちらも】スズキ、3Qは減収減益に 前年からのインドにおける四輪の不調に加え日本の減産も影響

 今回スイフトシリーズが受ける仕様変更は、安全に駐車を行うためのサポート機能である後退時ブレーキサポートや、リヤパーキングセンサーなどを標準装備に。走行時の車間距離をキープしながら速度調整を行えるアダプティブ・クルーズ・コントロール、後ろから近づいた車を検知しながら車線変更サポートも行える、ブラインドスポットモニターなども全グレードに採用となる。

 運転中に周囲が暗くなったり、雨天時などにワイパーを動かし始めたときに自動点灯するオートライトシステム、デジタル数字で車速を見られるマルチインフォメーションディスプレイなどの標準装備も決定している。

 今回スイフトは通常版とスポーツ版ともに、国土交通省などが普及推進に努める「サポカーS ワイド」に該当する、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車として発売予定だ。スイフトを求めるドライバーがより安心できる車に仕上がっている。

 マイナーチェンジにより、スズキはスイフトシリーズのグレードも再構築。RS、HYBRID RS、HYBRID SZの3グレードにはリヤルーフスポイラーやエアロ形状の前後バンパーなどを採用し、スポーティな走行性能を引き出す。他にもガソリンエンジンのXG、マイルドハイブリッドのHYBRID MGが加わり、計5種類のグレードが登場予定である。

 一部改良後のスイフトシリーズの見所は、豊富なカラーバリエーションにもあり、通常版は10種類、スポーツ版は9種類の車体色を採用。一部カラーにはブラック2トーンルーフを採用し、ファッショナブルなビジュアルを展開する。マイナーチェンジ後の価格は、153万5600円~208万8900円の見通し。

関連キーワードスズキスイフト

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース