KeyHolderは「乃木坂46LLC」の持分50%を保有するノース・リバーの全株式を取得することを発表

2020年5月15日 08:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 KeyHolder<4712>(JQS)は13日引け後、「乃木坂46LLC」の持分50%を保有するノース・リバーの全株式を取得することを発表した。株式譲受後は、ノース・リバーは同社の連結子会社となり、乃木坂46LLCは持分法適用会社となる。

 ノース・リバーは2011年に設立され、主に「坂道シリーズ」「AKB48グループ」などのアイドルグループや、芸能人・著名人の移動における車両サービス事業を行う会社である。また、アイドルグループ「乃木坂46」の運営且つ芸能プロダクション会社である乃木坂46LLCの持分の50%を保有することから、同グループに係る映像コンテンツの制作からライツ管理などのトータルプロデュース事業も展開している。

 今後は、同社の展開する総合エンターテインメント事業において、新たに「乃木坂46」がコンテンツとして加わることで、同社の業績向上に貢献するものと思われる。

 なお、株式取得日は7月1日を予定している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告