「置き配」で配送された商品が盗まれたとの相談が増加

2020年5月11日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Amazon.co.jpでは、商品の配送時に玄関先などに荷物を置くことで配送完了とする「置き配」の対象地域を拡大させているが(過去記事)、一方で置き配で配送された商品が盗まれたという相談も多く寄せられているという(NHKFNNマネーポストWEB)。

 こうしたトラブルが増えている背景には、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛によって通販の利用が増えていることや、配達員との接触を恐れて在宅時でも「置き配」を利用する例が増えているためのようだ。

 なお、最近では置き配で配達された商品が盗まれた場合にその再購入費用を補填する保険も登場している(日経新聞)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | 犯罪 | ニュース | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Amazon、置き配を標準とするエリアを30都道府県に拡大 2020年03月24日
アマゾンジャパン、置き配をデフォルトとする実証実験エリア拡大 2020年01月25日
Amazon、「置き配」を標準の配送方法とする実証実験を岐阜県で実施へ 2019年09月17日
Amazon.co.jpの「置き配」、指定していないにも関わらず勝手に荷物を玄関に置かれていたという事案 2019年03月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード保険AmazonAmazon.co.jp新型コロナウイルス