プレシジョン・システム・サイエンスは全自動PCR検査システムに注目集まりストップ高

2020年4月27日 12:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■フランス企業にOWM供給し駐日フランス大使から礼状と発表

 プレシジョン・システム・サイエンス<7707>(東マ)は4月27日、取引開始後からストップ高の754円(100円高)で売買をこなし、2017年以来の水準まで急伸している。

 4月24日付で、同社がフランス企業襟テック社にOWM供給する全自動PCR検査システムについて、駐日フランス大使から礼状を受けたと発表し、材料視されているようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告