TKP 役員報酬の自主返納により固定費削減を図る

2020年4月22日 18:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:04JST TKP---役員報酬の自主返納により固定費削減を図る
ティーケーピー<3479>は21日、新型コロナウイルス感染の拡大を受け、固定費削減を重要方針の1つとして掲げたことに加え、経営陣が一丸となってこの難局を乗り切る決意表明として、同社取締役の役員報酬を自主返納することを決定した。

対象者およびその返納額は、代表取締役社長が月額報酬の50%、常勤取締役(CОО・CFO)2名が同40%で、それぞれ3ヶ月分(2020年5~7月分)としている。《SF》

関連記事

広告