ソニー、ゲームプレイ時にそばにいてくれるロボットに関する特許取得

2020年4月21日 18:22

印刷

記事提供元:スラド

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、ユーザーがゲームをプレイしている間に「そばにいてくれる」というロボットに関する特許を取得したそうだ(IGNFOSSBYTES)。

 このロボットはゲームプレイ時のプレイヤーの心拍数や発汗をセンサーで検知して感情を推定し、それに反応して手足を動かし、応援するといった表現を行うという。また、プレイヤーのロボットへの行動から「愛情」を推定する機能もあり、それによってロボットの振る舞いを変える機能も持つそうだ。一緒にゲームをすることもできるという。

 スラドのコメントを読む | Sony | ゲーム | ロボット

 関連ストーリー:
ソニー、愛玩用ロボット「aibo」を発表 2017年11月01日
ソニー、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表 2017年10月18日
AIBOの「葬式」が開かれる 2017年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事