銀行間の送金時に必要な手数料、公正取引委員会が引き下げ要求へ

2020年4月14日 20:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 公正取引委員会が、銀行間の送金手数料を引き下げるよう求めるという(毎日新聞時事通信NHK)。銀行間の送金に関しては、2019年12月に公正取引委員会が調査を行うと報じられていた

 銀行間の送金は「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」経由で行われるが、その際に支払われる手数料は長年変わっておらず、事務コストを大きく上回る金額になっているという。

 キャッシュレス決済を提供する事業者など、銀行以外の事業者が送金を依頼するケースについても全銀システム経由での送金が行われるが、その際の手数料が事業者の負担になっているため引き下げを求める声も出ていたそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT | お金

 関連ストーリー:
銀行間振り込みの24時間365日運用が始まる 2018年10月11日
全銀協、銀行間送金ネットワークの稼働時間延長を決める 2014年10月29日
ゆうちょ銀―民間銀行接続 トラブルなし 2009年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード公正取引委員会キャッシュレス決済

関連記事

広告

財経アクセスランキング