竹内製作所 大幅続伸、減益幅想定線で買い安心感が先行

2020年4月10日 11:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:26JST 竹内製作所---大幅続伸、減益幅想定線で買い安心感が先行
竹内製作所<6432>は大幅続伸。前日に20年2月期の決算を発表、営業利益は126億円で前期比17.9%減益、従来計画の120億円を上回る着地に。21年2月期は84億円で同33.6%減益、為替や新型ウイルス感染拡大による販売低迷の影響が響く見通し。5月下旬からの欧米での流行終息を前提としているもよう。減益見通しの幅は想定の範囲内とみられ、4月からは生産も正常化していることで、安心感も先行する形になっているようだ。《US》

広告

財経アクセスランキング