新型コロナ関連にも買い疲れ感/東京株オープニングコメント

2020年4月9日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:49JST 新型コロナ関連にも買い疲れ感
 9日の日本株市場は、米国株高の流れを受けて買いが先行しようが、その後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。8日の米国市場ではNYダウが779ドル高と反発。米国経済の早期再開期待や第4弾経済支援策への期待から買いが先行した。

 NY州などで新型コロナウイルスの感染者・死亡者数がピークに達しつつあることも引き続き好感された。その後、民主党大統領候補で、急進派で社会主義者として知られるサンダース氏が大統領選撤退を発表したほか、ロシアが原油協調減産で合意したとする報道を受けた原油価格の急伸を受けて上昇幅を広げた。

 この流れにより、シカゴ日経225先物清算値は大阪比225円高の19145円。円相場は1ドル108円80銭台で推移している。朝方は米国市場の上昇が材料視されることになりそうだが、前日の先物は、現物取引終了後に下押した影響が大きく、日経平均は19353円水準であり、逆ザヤの状態である。過度な期待感は高まりづらいところであろう。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、東京都においても終息の兆しが見られていない状況。感染拡大は見込まれているものの、投資家心理を冷ます可能性もあるため、売買代金は3兆円を下回る薄商いの需給も続きそうである。先物市場でのボラティリティの高い状況も続いているため、方向感の掴みづらい状況でもある。

 物色の流れとしては、引き続き新型コロナウイルスに関連した銘柄に向かいやすいと考えられるが、1カ月以上も続いていることもあり、買い疲れ感も出てきているだろう。急伸していた銘柄へも戻り待ちの売り圧力が強まりやすく、これを超える買い需要がみられなければ、一気に利益確定に向かわせる可能性もあるだろう。

 そのため、次第に銘柄選別が難しくなるほか、一部の材料株への資金集中が強まりやすいところ。とはいえ、コロナ関連ではなくとも、足元では直近IPO銘柄などにも値ごろ感からの資金流入がみられている。高値更新によって需給が良好な銘柄については、一段の上昇を意識した流れが期待されやすいところ。《AK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース