個人事業主に100万円、中小企業に200万円 新型コロナで緊急経済対策

2020年4月9日 08:22

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 政府は7日、緊急経済対策を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業や個人事業主の救済策として個人事業主(フリーランスを含む)には最大100万円、中小企業には最大200万円を給付する。返済必要がない。

 今年1月~12月のいずれかの月の売り上げが前年同月比で半分以上減少したことが条件で、減少額を支給する。

 また企業の資金繰りを支えるために国が融資を受けた金利分について3年間補填し、元本返済についても最長5年据え置き可能な「実質無利子・無担保融資」の制度を地方銀行や信用金庫、信用組合など民間の金融機関でも実施されることになった。

 加えて、緊急対応期間(4月1日~6月30日)について、雇用確保のための雇用調整助成金助成率を過去最大に引き上げる。この結果、休業手当については中小企業では3分の2が10分の9まで助成率が引き上げられたほか、大企業でも2分の1が3分の2にまで引き上げられた。また従業員を解雇しない場合、中小企業では10分の9まで、大企業でも4分の3まで助成率を引き上げた。非正規従業員も対象にしている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
帰省やめ、東京に留まって 学生らに総理
強い不公平感が漂う「30万円」の給付
新型コロナ対策。「仕事のための外出を避ける」1割未満、世界で最下位

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード非正規中小企業新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース