鳥貴族が大幅反発、「緊急事態宣言」によるコロナウイルス禍の早期収束を期待

2020年4月6日 10:27

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「中小企業に最大200万円給付」報道ありフランチャイズ店に可能かどうか注目される

 鳥貴族<3193>(東1)は4月6日、大幅反発となり、10時にかけては15%高に迫る1382円(178円高)前後で推移し、大きく出直っている。

 新型コロナウイルスの流行を受け、直営全店(394店舗)で4月4日から4月12日まで臨時休業すると4月2日に発表し、株価は下落していたが、政府が7日にも「緊急事態宣言」を発表するとの観測報道が複数から伝えられ、新型コロナ流行が早く収束に転じる期待が出ているようだ。

 また、直営以外の店舗についても、政府が7日にも打ち出す見込みの経済対策では、「中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金を給付する方向で検討」(朝日新聞デジタル2020年4月4日23時12分)と伝えられており、給付対象になる可能性が注目されている。同社の総店舗数は647店舗(2020年1月末時点)(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)
【編集長の視点】スペースバリューHDは2Q上ぶれ業績を見直し3Q決算に期待して続伸(2020/02/07)
インテージホールディングスは調整一巡、20年6月期3Q累計順調(2020/02/14)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想(2020/02/14)
クレスコは上値試す、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地(2020/02/14)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告