NY原油:下落で20.31ドル、サウジアラムコの石油供給量が増加

2020年4月2日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:下落で20.31ドル、サウジアラムコの石油供給量が増加
NY原油先物5月限は下落(NYMEX原油5月限終値:20.31 ↓0.17)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比-0.17ドルの1バレル=20.31ドルで取引を終えた。取引レンジは19.90ドル−21.55ドル。サウジアラムコの石油供給量が日量1200万バレル超の水準に増えていることや、原油在庫の増加を嫌気した売りが入ったことから、一時20ドルを割り込んだが、押し目買いが入っており、時間外取引で21ドル台半ばまで戻している。《CS》

広告

財経アクセスランキング