共和コーポレーションは売り一巡、21年3月期収益拡大期待

2020年3月30日 08:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 共和コーポレーション<6570>(東2)は、長野県を地盤とするアミューズメント施設運営事業、およびアミューズメント機器販売事業を展開している。20年3月期は不適切取引、消費増税、新型コロナウイルス感染拡大、減損処理などで下方修正して減益予想となった。21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は上場来安値を更新したが、売り一巡して出直りを期待したい。

■長野県地盤にアミューズメント施設運営

 長野県を地盤とするアミューズメント施設運営事業、および他社施設向けアミューズメント機器販売事業を展開している。アミューズメント施設運営事業はM&Aも活用して店舗数を拡大している。

■20年3月期減益予想、21年3月期収益拡大期待

 20年3月期の業績(非連結)予想は3月13日に下方修正して、売上高が19年3月期比18.6%増の136億86百万円、営業利益が3.5%減の3億47百万円、経常利益が10.2%減の4億39百万円、純利益が91.6%減の63百万円としている。

 不適切取引、消費増税、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売上高が計画を下回り、出店コストの増加、不適切取引調査費用の発生、店舗減損処理などで減益予想となった。

■株価は売り一巡

 株価は上場来安値を更新したが、売り一巡して出直りを期待したい。3月27日の終値は485円、時価総額は約29億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング