Google I/Oは完全中止、デジタルイベントも開催困難に

2020年3月23日 09:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Google Developersの公式Twitterアカウントは21日、今年はGoogle I/Oイベントをどのような形でも開催しないと発表した(Google Developersのツイート9to5Googleの記事Android Policeの記事The Vergeの記事)。

5月の開催が予定されていたGoogle I/O 2020だが、GoogleはCOVID-19の感染拡大を受けて3月初めに「物理」イベント開催の中止を発表。デジタル(バーチャル)イベントとしての開催を検討しているとみられていた。

Googleでは今回の完全中止を決定するに至った理由として、開発者や従業員、地元コミュニティの健康と安全に対する懸念があること、Google本社のあるサンフランシスコ・ベイエリアで屋内退避(shelter in place)命令が出ていることを挙げている。なお、屋内退避命令はカリフォルニア州全体に拡大している。外出自体は禁止されていないが、家族以外の人とは6フィート以上の距離を取るよう求められており、レストランやバー、ジム、エンターテインメント施設などは閉鎖されている。

Googleでは物理イベントを断念しデジタルイベントとしての開催を計画していた「Google Cloud Next: '20: Digital Connect」の延期を発表しているが、GDCの延期に伴って企画されたデジタルイベント「Google for Games Developer Summit」は現在のところ予定通り23日に開催されるようだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | 医療 | IT

 関連ストーリー:
GDCは8月開催、気温が上昇すればCOVID-19の感染力は弱まるのか 2020年03月21日
Google、Android 11 Developer Preview 2を公開 2020年03月21日
Google、COVID-19の影響でデジタルイベントも延期 2020年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterGoogleAndroidサンフランシスコ