みずほFGの株式を保有する環境NGO、気候変動対策を行うよう株主提案

2020年3月17日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本の環境NGO「気候ネットワーク」が、株式を保有するみずほフィナンシャルグループに対し「石炭火力発電への融資はリスク」だとして株主提案を行なっているという(NHKプレスリリース)。

 同NGOはみずほFGの株式を31000株(議決権数としては310)所有している株主であり、「当会社がパリ協定及び気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に賛同していることに留意し、パリ協定の目標に沿った投資を行うための指標および目標を含む経営戦 略を記載した計画を年次報告書にて開示する。」という条項を定款に規定するよう求めている。この理由として、みずほFGは石炭火力事業会社に対し多額の貸付を行なっているが、世界的に「脱炭素経済」への移行が求められていることからこういった企業の価値は著しく低下するリスクがあるとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス | 電力 | お金

 関連ストーリー:
石油大手BP、2050年までに温室効果ガス排出量ネットゼロを目指す 2020年02月20日
新たなエネルギー基本計画が閣議決定される。脱炭素や再生可能エネルギーの活用を目指す 2018年07月10日
ロサンゼルスは気候変動と闘うために石炭を捨てた。代わりに天然ガスを導入した 2019年07月20日
石炭火力発電からの撤退・廃止が相次ぐ。ドイツ2038年までに全廃、日本でも新設計画転換へ 2019年02月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード火力発電パリ協定みずほフィナンシャルグループ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース