日産、車両価格・保険・税金などを定額費用とするクルマ購入の新サービス開始

2020年3月17日 07:18

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日産自動車が3月14日から北海道札幌地区より受付けを開始した、新たなクルマの購入・利用サービス「NISSAN ClickMobi」

日産自動車が3月14日から北海道札幌地区より受付けを開始した、新たなクルマの購入・利用サービス「NISSAN ClickMobi」[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は、インターネットで新車を注文できる定額利用サービス「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」を本格稼働すると発表した。まず、3月14日から北海道札幌地区より受付けを開始するとした。

 「NISSAN ClickMobi」の概要は、インターネットで新車を注文し、車両本体価格、自賠責保険、また点検や車検、税金などをまとめて、月々定額費用として支払う新たなクルマの購入・利用サービスだ。

 さらに、納車時には自宅まで購入したクルマを届けるサービスや、日産EVとe-POWERを使ったカーシェアリングサービスであり、EVのトルクフルなドライビングを体験できる電動化技術と自動運転技術や自動駐車機能など、知能化新技術を体感できる「NISSAN e-シェアモビ」と連動することにより、オンライン予約で事前に気楽に試乗できる“セルフ試乗”なども組み合わせ、購入検討から試乗、納車までの新しいクルマの買い方を提案しているのも特徴となっている。

 日産では、この新サービスを北海道札幌地区に導入し、外出や人混みを控える生活環境においても、自宅で安心してクルマを注文できる体制を整えたとしている。今後、利用状況やユーザーの声に応じて、対象車種や地域を拡充してく予定だ。

 具体的な内容は、契約期間が3年、5年、7年の3パターンの中から、好みに応じてご選択する。車両本体価格については、契約年数終了時点の想定価値(残価)を除いた金額のみ支払う仕組みの残価設定ローンに似ているため、比較的リーズナブルな価格で新車に乗れるというメリットがある。

 このサービスにて提供する車両は、安心してカーライフを送れるよう、万が一に備えて、日産純正ドライブレコーダーを全車標準で設置、加えてナビゲーション、ETC、フロアカーペットといった人気のオプションも標準装備している。

 また、ユーザーがサービスを利用する上でご不明な点は、チャットにて専任オペレーターに気軽に相談することも可能で、試乗や実車の確認などについては、最寄り店舗の案内や取次もサポートするという。なお、対象以外の車種についても、チャットを通じてオンラインにて購入相談を受付する。

 車両の点検、車検整備時には、定額費用に含まれる部品交換等、日産販売店の整備士がメンテナンスを行なう。

 今後は、「NISSAN ClickMobi」の新サービスを他の地域にも順次拡大し、利便性の高いサービスの提供を目指すとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SUVに明確な定義は無い! 妙な翻訳(誤訳)で示される世界的なSUVブームとは?
日本の自動車関連税と米国「25年ルール」で、国産旧車名スポーツが北米に流出?
2020年1月新車販売、昨年までとは何かが違う、車名別販売ランキング

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転日産自動車ドライブレコーダーカーシェアリング

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース