Microsoft、Shift_JISや外字からUnicodeへの移行を呼びかけ

2020年3月6日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftが、外字の利用を止めることを推奨するブログ記事を公開している窓の杜)。

 Microsoftが収集したWindows診断データによると、日本では突出して外字の使用頻度が高いという。この背景には、Windowsにおいては長らく日本語の文字コードとしてShift-JISが使われており、Shift-JISで表現できない文字を外字として登録して使っている、ということがあるようだ。一方で現在のWindowsはUnicodeをサポートしており、Unicodeを利用することで「外字でなければ表示できない文字」はほぼなくなるという。

 ただ、たとえばVisual Basic 6で開発されたアプリケーションなど、現在でもUnicodeに対応していない古いアプリケーションが稼働している場合もある。そのためMicrosoftはこうしたシステムを段階的に移行していくことを推奨している。

 スラドのコメントを読む | 日本 | マイクロソフト

 関連ストーリー:
世界のWebサイトで文字コードがUTF-8のページが90%を超える 2017年10月18日
Jアラート訓練メールで文字化け 2017年08月19日
日本語のe-mail、ISO-2022-JP以外のcharsetを使うのは是か非か 2009年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsVisual Basic

広告