東京都の新型コロナ対策サイト、GitHubでコードを公開

2020年3月6日 22:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都が3月4日、新型コロナウイルス感染症対策サイトを公開した。このサイトのソースコードはMITライセンスとなっており、GitHubで公開されているだけでなく、プルリクエストの受付も行われている(ITmedia)。

 また、サイトで利用しているデータは今後「東京都オープンデータサイト」でも公開される予定とのこと。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | プログラミング | 政府

 関連ストーリー:
とあるOSSの開発者、米移民当局への抗議のためソフトウェアの公開を停止。このソフトウェアを使用していた当局や企業に影響が出る 2019年09月30日
Rubyで作られた図書館システムを塩尻市が導入 2009年02月16日
ドイツ内務省、デジタル主権を失わないための対策とは? 2019年09月23日
米政府機関のオープンソースプロジェクトをまとめるCode.govが公開 2016年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都GitHub新型コロナウイルス

広告