NTT東西、最大10Gbpsの光回線サービス「フレッツ 光クロス」提供開始へ

2020年2月20日 08:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 NTT東日本およびNTT西日本が2月18日、「フレッツ 光クロス」を今年4月1日から提供すると発表した(NTT東日本の発表NTT西日本の発表)。

 以前「フレッツ光、10Gbpsオプションを東京の一部で4月より開始へ」と報じられていたもので、通信速度が上り/下り最大「概ね10Gbps」の光回線を個人向けに提供するサービスとなる。ISPとの接続はIPoEで行われる。

 初期提供エリアは東京23区の一部、大阪市および名古屋市。基本料金は月額6,300円(税抜)、10GBASE-T/Wi-Fi 6(Draft IEEE802.11ax)対応ルータのレンタル料は月額500円(税抜)。「ひかり電話」は利用できない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ニュース | NTT | インターネット

 関連ストーリー:
フレッツ光、10Gbpsオプションを東京の一部で4月より開始へ 2020年01月08日
フレッツ回線を引くと勝手に有償ウイルス対策サービスも仮契約させられる 2018年12月03日
NTT東西、フレッツ光提供エリアでのフレッツ・ADSLおよびISDN提供を2023年に終了 2017年12月04日
固定回線においても従量制や速度制限などの導入が今後増えていく? 2017年11月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTT西日本NTT東日本

広告