日経平均テクニカル:4日続落、短期デッドクロス形成し一目は雲下限割れ

2020年2月18日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:4日続落、短期デッドクロス形成し一目は雲下限割れ
18日の日経平均は4営業日続落した。ローソク足は胴体の長い陰線を引いて25日線やその下を走る75日線を下放れ、売り圧力の強さを再確認。ともに下向きの5日線と25日線が短期デッドクロスを形成し、下落トレンド入りを示唆した。一目均衡表では、昨年9月4日以来の雲下限割れで終了し、遅行線は応当日株価の上昇も重なって弱気シグナルを増大した。ボリンジャーバンドでは-1σを下回って引けた。6日の一時+1σ超えを天井とする下降トレンドが続いており、目先の株価は-2σ側への移行が予想される。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース