WRC第2戦スウェーデン、チーム・トヨタ優勝 マニュファクチャラー選手権首位

2020年2月18日 08:26

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

WRC第2戦・2020年ラリー・スウェーデンで優勝した、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組のヤリスWRC33号車

WRC第2戦・2020年ラリー・スウェーデンで優勝した、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組のヤリスWRC33号車[写真拡大]

写真の拡大

 FIA世界ラリー選手権(WRC)、2020年・第2戦ラリー・スウェーデン、最終日が2月16日に例年と異なる雪のないラリーとなり、スウェーデンのトルシュビーを基点に行なわれた。結果はTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(ヤリスWRC33号車)が優勝。カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)が総合3位で、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(17号車)が総合4位でフィニッシュし、チーム・トヨタはマニュファクチャラー選手権首位となった。

 ラリー・スウェーデンの競技最終日は、気温が上昇し、大雨が降る可能性もあってステージコンディションの悪化が避けられない状況となり、1回のみの走行に変更された。その唯一となったSS18は、トップ5タイムを記録した選手に対してボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定され、最後まで熾烈なタイムアタックが行なわれた。

 予想通り天気は大きく崩れ、ステージの周辺は強い雨が降り続き、気温も6度前後まで上昇。道を覆っていた雪や氷が解け、極めてトリッキーな路面コンディション。しかし、エバンスは落ち着いた走りで、総合2位のライバルに12.7秒差をつけ、キャリア2勝目にしてチーム加入後、初勝利を手にした。エバンスは、42ポイントの同点でライバルに並び、彼のキャリアで初めてドライバー選手権で首位に立っている。

 競技2日目で激しい3位争いを繰り広げたオジエとロバンペラは、ロバンペラがパワーステージでベストタイムを記録。3番手タイムだったオジエを逆転して総合3位でフィニッシュし、出場2戦目で表彰台とボーナスの5ポイントを獲得した。なお、19歳でのポディウム獲得は、史上最年少記録だ。オジエは、表彰台こそ逃したが、総合4位に入りパワーステージでは3ポイントを獲得。首位エバンスと5ポイント差の、ドライバー選手権3位につけている。チーム・トヨタはマニュファクチャラー選手権で、2位のチームに10ポイント差をつけてトップに立った。

 また、開幕戦ラリー・モンテカルロに続き、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムで出場の勝田貴元は、堅実な走りを続け総合9位でフィニッシュした。

■WRC第2戦・2020年ラリー・スウェーデンの結果■

1)エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC)

2)オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ(ヒュンダイ i20クーペ WRC)

3)カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン(トヨタ ヤリス WRC)

4)セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(トヨタ ヤリス WRC)

5)エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム(フォード フィエスタ WRC)

6)ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー(ヒュンダイ i20クーペ WRC)

 WRC第3戦となる次戦は、3月12日から15日の「ラリー・メキシコ」だ。シーズン最初のグラベルイベントとなるこの1戦は、今年もメキシコ中央高地の都市レオンにサービスパークが置かれる。レオン周辺に広がるステージの標高は総じて高く、最高地点は2737mに達し、空気が薄い状態での走行となるため、エンジンのパワーダウンをいかに抑えるかが重要な技術的ポイントになる。さらに気温も摂氏30度前後と高く、エンジン冷却に関しても非常に厳しい戦いが予想される。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
2020年WRC緒戦、ラリー・モンテカルロでチームトヨタ2-3位、4台全車完走
トヨタ、WRC車両を彷彿とさせる4WDの「GRヤリス」世界初公開、オートサロンで
チームTOYOTA、WRC最終戦を待たずにタナック選手がドライバーズ・タイトル獲得

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車フォードスウェーデン世界ラリー選手権ヤリス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース