「政府共通プラットフォーム」、インフラとしてAWSの採用が決定

2020年2月17日 18:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年、アクセンチュアが落札した「政府共通プラットフォーム」整備関連の事業について、米Amazonが提供するクラウドサービスの「Amazon Web Services(AWS)」が使用される方針であることが報じられていたが、この事業におけるAWSの採用が確定したようだ(日経xTECHZDNet JapanITmedia)。

 国内事業者のインフラを採用することも検討されていたようだが、AWSがもっとも優秀だとの判断で採用に至ったという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT | 政府

 関連ストーリー:
総務省が18億円かけて導入したセキュリティシステム、一度も使わることなく廃止 2019年10月08日
政府、全省庁のシステムをクラウドへ移行する方針 2019年11月11日
米連邦請求裁判所、米国防総省とMicrosoftのJEDI Cloudの契約に事前差止命令 2020年02月16日
日本電子計算のクラウドで障害、全国約50自治体に影響 2019年12月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドAmazon

広告