ロコ・ソラーレが延長戦を制して優勝 カーリング日本選手権女子

2020年2月16日 22:15

小

中

大

印刷

 16日、カーリングの日本選手権女子決勝が長野県・軽井沢アイスパークで行われ、ロコ・ソラーレが延長戦の末、連覇を狙う中部電力に勝利し4年ぶり2度目の優勝を果たした。ロコ・ソラーレは3月にカナダで行われる世界選手権に出場する。

 決勝で対戦したロコ・ソラーレと中部電力は、これまでリーグ戦と準決勝で2試合対戦し、ともに1点差で1勝1敗だった。

 この試合も後攻サイドが1点ずつ奪い合う接戦の展開となる。中部電力は第4エンドで2点を奪うと、ロコ・ソラーレは第6エンドでスチールに成功、4-3と逆転する。

 中部電力は第8エンドのラストショットでタイムアウトを取ると、男子の決勝戦に出場したばかりの両角コーチの指示を受けたショットが成功。この後のロコ・ソラーレのラストショットがミスになり、中部電力がスチールに成功、再び点をリードする。

 第9エンド、ロコ・ソラーレはピンチで藤澤五月のラストショットが3つのストーンを弾き出して2点を奪い、6-5と再び逆転する。第10エンド、中部電力の2点を狙ったラストショットは、惜しくも1点に留まり延長戦となる。

 エキストラエンドは、後攻となったロコ・ソラーレが難しいラストショットで1点を奪い切り、7-6で優勝を決めた。

広告

財経アクセスランキング

広告