東京為替:ドル・円は上げ渋り、ウイルス懸念の日本株安を嫌気

2020年2月14日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:11JST 東京為替:ドル・円は上げ渋り、ウイルス懸念の日本株安を嫌気

14日の東京市場でドル・円は上げ渋り。新型コロナウイルスの感染による国内初の死者が確認され、リスク回避の円買いで朝方に109円73銭を付けた。その後、上海総合指数などアジア株が上昇基調となりでドルは109円91銭まで切り返す場面もあったが、日本株安を受けた円買いに下押しされた。

・ユーロ・円は118円87銭から119円10銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.0843ドルから1.0827ドルまで下げたが、その後は下げ渋った。

・17時時点:ドル・円109円70-80銭、ユーロ・円119円00-10銭
・日経平均株価:始値23714.52円、高値23738.42円、安値23603.48円、終値23687.59円(前日比140.14円安)

【要人発言】
・ウィリアムNY連銀総裁
「インフレ率は今年2%付近まで持ち直す見込み」
「今年のGDP成長率は2.25%程度と予想」

【経済指標】
・日・12月第3次産業活動指数:前月比-0.2%(予想:+0.1%、11月:+1.4%←+1.3%)
・独・10-12月期GDP速報値:前年比+0.3%(予想:+0.2%、7-9月期:+1.0%)《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース