14日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高で反発、不動産セクター上げ目立つ

2020年2月14日 16:56

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:56JST 14日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高で反発、不動産セクター上げ目立つ
14日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比10.93ポイント(0.38%)高の2917.01ポイントと反発した(上海A株指数は0.38%高の3056.79ポイント)。

景気対策の期待感が改めて強まる流れ。新型肺炎の拡大で生産や消費の動きが鈍ると懸念されるなか、「政府は追加の経済対策を打ち出す」との観測が広がった。国内では、1~3月期の業績見通しを下方修正する企業が相次いでいる。

業種別では、不動産の上げが目立つ。金地集団(600383/SH)が8.3%高、保利地産(600048/SH)が3.3%高で引けた。地方政府による不動産引き締め策の一部緩和が材料視されている。

非鉄株も急伸。洛陽モリブデン(603993/SH)が8.0%高と値を上げた。ハイテク株の一角も高い。半導体組立・検査で中国トップの江蘇長電科技(600584/SH)が9.1%上昇した。このほか、金融株、空運株、医薬品株、消費関連株、防衛関連株なども買われた。

半面、自動車株はさえない。広州汽車集団(601238/SH)が1.1%下落した。同社は13日引け後、1月の自動車販売が前年同月比で15.9%減少したと発表。マイナス成長は7カ月連続となっている。発電株やメディア関連株も売られた。

一方、外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.13ポイント(0.05%)安の235.07ポイント、深センB株指数が3.35ポイント(0.36%)安の924.97ポイントで終了した。

【亜州IR】《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース