日本赤十字社、献血ポスター問題受けコラボのガイドラインを策定

2020年2月5日 18:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年、日本赤十字社が漫画「宇崎ちゃんは遊びたい!」とコラボした献血キャンペーンを実施して制作された献血ポスターが一部から「性的」などと批判されたが、このコラボレーションの第2弾が2月1より始まった。弁護士ドットコムニュースによると、第2弾キャンペーンを実施するに当たって「新たなガイドライン」を設けたという。

 日本赤十字社は取材に対し「皆様にいただいた貴重なご意見を真摯に受け止め、新たにガイドラインを策定し、それに照らして実施しているものとなります」と回答、具体的なガイドライン内容については明言していない。

 なお、同作の作者である丈氏は今回のコラボレーション向けに作品を書き下ろすに当たっては特に指示はなかったと発言している(丈氏のTwitterTogetterまとめ)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
くま川鉄道の少女らのイラスト付き切符、18禁ゲームのキャラクターに似ているとの指摘を受けて発売中止に 2016年10月04日
Facebookが「性的な意味で茄子と桃の絵文字を使う」ことを禁止 2019年11月01日
UNESCO曰く、女性声のAIアシスタントは性差別を助長する 2019年05月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーション

広告

財経アクセスランキング