1月29日のNY為替概況

2020年1月30日 06:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:12JST 1月29日のNY為替概況
 29日のニューヨーク外為市場でドル・円は108円98銭まで弱含んだのち、109円26銭まで上昇して引けた。

米国の12月卸売在庫速報値が予想外のマイナスに落ち込んだほか、米12月前渡商品貿易赤字の拡大、米12月中古住宅販売成約指数が予想を下回ったためいったんドル売り優勢となった。その後、トランプ大統領がUSMCAに署名したことを受けて成長への見通しが改善しドル買いが再燃した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が予想通り政策金利を据えいたが、消費判断を引き下げ、パウエルFRB議長が「新型肺炎の影響など、不透明性が残る」と慎重な姿勢を示したため伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは、1.0992ドルまで下落後、1.1021ドルまで上昇して引けた。_NEW_LINE__

ユーロ・円は、119円89銭まで下落後、120円24銭まで上昇。
_NEW_LINE__
ポンド・ドルは、1.2990ドルまで下落後、1.3026ドルまで上昇した。欧州議会は英国のEU離脱案を批准、31日のEU離脱が確定したためポンド買いが再燃。

_NEW_LINE__

ドル・スイスは、0.9767フランまで上昇後、0.9727フランまで下落した。

[経済指標]

・米・12月卸売在庫速報値:前月比‐0.1%(予想:+0.1%、11月:+0.1%←-0.1%)・米・12月小売在庫:前月比+0%(予想:+0.1%、11月:−0.8%←-0.7%)・米・12月前渡商品貿易収支:−683億ドル(予想−650億ドル、11月−630億ドル←−632億ドル)・米・12月中古住宅販売成約指数:前月比‐4.9%(予想:+0.5%、11月:+1.2%)

  《KY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース