ミレニアル世代、伝統的資産よりBTC投資へ、GBTCは1万ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

2020年1月30日 01:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*01:47JST ミレニアル世代、伝統的資産よりBTC投資へ、GBTCは1万ドル【フィスコ・ビットコインニュース】
ミレニアル世代(1980年前後から2005年頃にかけて生まれた世代)は投資において、バークシャーハサウェィ、マイクロソフト、ネットフリックスといった人気のある伝統的な株式投資よりもビットコイン投資により意欲的であることが、証券会社チャールズ・シュウェッブの調査で明らかになった。

チャールズ・シュウェッブの2019年度の統計によると、グレイスケール・ビットコイン信託Grayscale Bitcoin Trust (GBTC)の保有率は1.84%に達し、過去最高を記録。 ミレニアル世代は今後、70超ドルにのぼる資産を相続する見込みだが、この資産が今までのように伝統的な資産よりも仮想通貨に流入する可能性が示唆された。

仮想通貨ビットコインは29日続伸。重要な節目である200日移動平均水準8796.54ドルを再び突破しており、中期的な上昇入りした可能性がある。《KY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース