ナック エースホームを子会社化

2020年1月29日 18:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:24JST ナック---エースホームを子会社化
ナック<9788>は27日、住宅フランチャイズを展開するエースホームを子会社化すると発表した。ヤマダ電機傘下であるヤマダホームズから、エースホームの株式86%を取得する。取得価額は非公表で、取得予定日は2020年2月28日としている。

2000年にエースホーム設立されたエースホームは、ヤマダホームズが86%、LIXILが14%出資する企業で、約50の加盟店が全国で住宅を供給している。子会社化により、ナックは、エースホームがターゲットとする有力な地域ビルダーへも効果的なコンサルティングを提供できるようになり、地場工務店との関係強化が可能となる。また、 エースホームが蓄積してきた住宅フランチャイズ運営をはじめとするノウハウの獲得による新商品開発や、両社の顧客基盤を活用した幅広い顧客層の取り込みを図っていくとしている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース