半導体・電子部品関連株が一斉高、東京エレクトロンなど上げTDKは高値を更新

2020年1月24日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■米インテルの四半期決算が好調で需要回復に一段と信頼性

 TDK<6762>(東1)は1月24日、3日続伸基調で始まり、取引開始後に1万2880円(240円高)まで上げて昨年来の高値に進んだ。米インテルの四半期決算が4四半期ぶりの増益となり、半導体・電子部品市場の回復に一段と信頼性が出てきたとされてSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)が最高値を更新。好感されている。

 今朝はアドバンテスト<6857>(東1)、キーエンス<6861>(東1)、東京エレクトロン<8035>(東1)、村田製作所<6981>(東1)などが一斉高となっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング