Microsoft、チャットでの発言内容から小児性愛者を検出するシステム開発

2020年1月24日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 チャットの相手が小児性愛者かどうかを判別するシステムをMicrosoftが開発したそうだ(ギズモード・ジャパン)。

 このシステムは単語や話し方を分析し、そこからスコアを算出。このスコアが一定値を超えると人間のモデレータにその旨を通知するというシステムだそうだ。

 MicrosoftはすでにXboxやSkypeといった同社の製品で数年間使用しており、今後は非営利団体を通じて他社にもこの技術を提供するという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | マイクロソフト | 人工知能

 関連ストーリー:
Microsoft、女子高生AIを開発 2015年08月06日
AI技術を謳いながら実際には人力で作業を行なっている企業は少なくない? 2018年07月10日
採用に使われる面接用AIが人種差別をする可能性 2018年04月25日
人工知能が罵倒してくれるサービスが期間限定で登場 2016年08月05日
脆弱性を攻撃されて不適切な発言をするようになったMicrosoftのAIチャットボット「Tay」、修正のためオフラインに 2016年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftSkype

広告