川本産業が4日連続ストップ高、新型肺炎関連株の中で値幅妙味突出

2020年1月23日 11:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■衛生材料の大手で手指消毒剤、殺菌・消毒綿、マスクなど充実

 川本産業<3604>(東2)は1月23日、ストップ高の1091円(150円高)で値がついた後もそのまま買い気配に貼りつき、4日連続ストップ高となっている。衛生材料の大手で、一般向け商材でも手指消毒剤、殺菌・消毒綿、マスクなどが充実しているとの見方がある。新型肺炎関連株の中でも格別に値幅妙味の大きい銘柄として注目が衰えないようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告