メゾン ミハラヤスヒロ2020-21年秋冬コレクション 2点が溶け合い1つの完成形へ

2020年1月22日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)の2020-21年秋冬コレクションが、2020年1月17日(金)フランス・パリで発表された。

 ショーの始まりは、ペインターたちの登場から。スクエア型の会場中央には、等間隔でキャンバスが並んでおり、一人ひとりと美術学生たちが着席する。モデルたちがキャットウォークを始めると、美術学生たちは筆を取り、キャンバスに絵を描き始めた。洋服を描くもの、観客とモデルを一緒に写生するもの、洋服の一部分をデフォルメして色付けするもの。ペインターたちの作品は、どれ一つとして同じものがなく、オリジナリティに長けている。

■2つのピースが溶け合い1つのウェアへ

 コレクションピースもアート作品と連動するように、一つとして同じものがなく個性的だ。2つの洋服を前後で溶け合うようにドッキングさせて、一つの洋服を完成させるというアプローチが繰り返しされる。

 前からみるとカジュアルなチェック柄シャツなのに、後ろからみるとミリタリージャケットだったり、カーゴパンツにみえていたものが、バックスタイルへ回るとデニムパンツへと様変わりしてりする。


■左右不均衡な再構築ウェア

 再構築のアイデアも豊富に盛り込んだ。左足はベロアパンツなのに、一方反対はデニムパンツという左右で別々のアイテムになっているパンツやオーバーオールをはじめ、ハットの上にキャップをのせたようなユニークなアクセサリーも登場している。

 アイテム一つひとつは、ヴィンテージショップにありそうな褪せた感じが好みのようだ。ブラックのブルゾンは全体的に穴があいていて、内側からオレンジのインナーがみえている。ベロアパンツも長く履きつぶしたかのように、ヒップラインから太ももにかけては穴が。レザージャケットは、時間をかけて肌になじませたようなソフトな風合いがある。

 ブランドが得意とするシューズ。今季は、リメイク風のスニーカーが多く登場した。ラバーソールの上からさらにガム加工を加えたような“ぼてっと”重量感のあるソールが印象的だ。また、クロコ調のレザーシューズに、機能的ソールを組み合わせて、スニーカーのように軽やかさをもたせたものもラインナップしている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカーメゾン ミハラヤスヒロ

広告