Google、ニューラルネットワークを用いた天気予報システムを開発中

2020年1月21日 15:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Googleの研究者らが、人工知能などで使われるニューラルネットワークを用いた天気予報の研究を行っているそうだ(ArsTechnicaGoogle AI BlogTechableSlashdot)。

 現在一般的な天気予報は気圧や温度、湿度といった情報を用いて大気の状態をシミュレーションするが、Googleが研究しているシステムではそういったことは行わず、単に降水量のデータのみを入力とし、そこから最大6時間先までの降水量を推測するという。

 研究者らによると、ニューラルネットワークを用いた天気予報は処理時間が少なく、かつより細かい範囲での予報が出せるというメリットがあるそうだ。たとえば現在の一般的な天気予報では計算に1~3時間ほどが必要だが、ニューラルネットワークを用いたシステムでは10分以内で計算が完了するという。また、既存システムでは最小でも5km単位での天気予報しか行えないが、ニューラルネットワークを用いたシステムでは1km単位での天気予報が可能だという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 地球 | Google | 人工知能 | IT

 関連ストーリー:
英BBCテレビの天気予報、生放送でSiriに否定される 2019年12月01日
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日
韓国、気象観測装置の不具合頻発で天気予報の精度が悪化 2015年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle人工知能(AI)

広告