日米欧共同計画の核融合発電炉用の巨大超電導コイル、完成

2020年1月21日 15:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 国際熱核融合実験炉「ITER」(イーター)の主要部品である超伝導コイルが今月30日に完成する(SankeiBiz)。

 ITERは強力な磁場でプラズマを閉じ込めて核融合反応を発生させるトマカク型核融合炉の実証実験を行う実験炉。高さ16m、幅9mという巨大サイズのコイルながら、許容される磁場の誤差は数ミリと厳しく、高い精度が求められるという(三菱重工技報)。

 コイルの完成後は2月に船でITERが設置されるフランスに輸送される。実証炉の運転開始は2025年を予定している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 電力 | サイエンス

 関連ストーリー:
中国で「人工太陽」と呼ばれる次世代の核融合装置が2020年に稼働 2019年12月26日
常温核融合の発熱確認が相次ぐという報道 2018年01月19日
Google、核融合向けの技術を核融合技術企業と共同で開発 2017年07月31日
核融合科学研究所が重水素実験を開始 2017年03月08日
世界最大のヘリカル型核融合炉が完成 2015年11月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱重工業

広告