ARM系CPUを搭載した「Surface Pro X」発売開始

2020年1月21日 07:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ARM系CPUを搭載した大型タブレット「Surface Pro X」の国内販売が開始された(Microsoftの発表AKIBA PC Hotline!)。

 13インチディスプレイ(2880×1920ドット、アスペクト比3:2)を搭載するタブレットで、プロセッサは「SQ1」、メモリは8GBもしくは16GB、ストレージは128GBもしくは256GB、512GB。OSはWindows 10 Homeだが、ARM版であるためx64向けアプリケーションは実行できない。価格は12万9,800円(税別)から。

 また、別途専用キーボードや「Surfaceスリムペン」といった周辺機器も発売される。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | マイクロソフト | ノートPC

 関連ストーリー:
iFixit、Surface Laptop 3は修理しやすさが従来モデルから大幅に改善したと評価 2019年10月27日
Surface DuoのOSをAndroidではなくWindows 10Xにするよう求めるキャンペーン 2019年10月10日
MicrosoftがデュアルスクリーンのSurface新モデルを発表、ただし発売は1年後 2019年10月03日
Mac Bookさん曰く、SurfaceはMacBookよりも優れている 2019年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10SurfaceARM

広告

財経アクセスランキング