文科省による高校生向けサイト、ベネッセのIDが必須であることに懸念の声

2020年1月18日 17:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 文部科学省が設置した、高校の部活動や生徒会活動、ボランティア、留学経験といった活動履歴や資格取得歴を登録し大学入試における合否判定に使用するサービス「ジャパン e-ポートフォリオ」を利用する際に、ベネッセが提供するIDの取得が必須になっている点について懸念の声が出ている(西日本新聞)。

 使用されるIDは、ベネッセが提供する模擬試験や教材を利用する際のものと同じであり、ベネッセへの利益誘導になっているとの声も出ている。本来は2019年度より独自IDに切り替える予定だったが、現時点で移行は行われていない。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 教育 | 政府

 関連ストーリー:
ベネッセが大学入学共通テストに導入される記述式問題業務受注を掲げ営業 共通テスト、文科相が抗議へ 2019年11月22日
大学入学共通テストの記述式問題導入、白紙に 2019年12月18日
大学受験共通テスト、国語の記述式問題の再現実験で公平な判定は難しいとの結果に 2019年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード文部科学省

広告