NY原油:小幅反発、米石油掘削リグ稼働数の増加で上値重い

2020年1月18日 10:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:21JST NY原油:小幅反発、米石油掘削リグ稼働数の増加で上値重い

NYMEX原油2月限終値:58.54 ↑0.02

17日のNY原油先物2月限は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比+0.02ドルの1バレル=58.54ドルで通常取引を終えた。米国の週次国内石油掘削リグ稼働数が4週間ぶりに増加したため、供給拡大を織り込む売りで上値の重い展開となった。《TN》

広告

財経アクセスランキング